「俺は生涯ロックを続けるんだ」矢沢永吉名言集

矢沢永吉は1949年に、広島県広島市に誕生したのです。
幼い頃に、母親が家を出ていき父親も早逝したため祖母に、引き取られ育てられます。
この時貧しかったために、近所の子供達からは屈辱的な言葉をかけられます。
しかしこれらの屈辱的な体験こそが、ビッグになるという夢を持つきっかけとなったのです。
高校を卒業すると、東京に出て働きながらのバンド活動に勤しみます。
レコード会社などに自作の楽曲を売り込むも、全く相手にされなかったのです。
1972年には、伝説のロックバンドキャロルを結成し念願のデビューをします。
当時の音楽業界は、フォークソングと歌謡曲が中心だったので、このバンドのデビューは衝撃的だったのです。
特に注目をされたのは、スタイルになります。
その頃は、リーゼントのヘアスタイルや革ジャンというスタイルは、不良が身につけるものというイメージが大きかったのです。
今ではロカビリースタイルという、名称がつき一つのファッションカテゴリーとして認識されています。
若者には、ステージスタイルと言動が格好良いとされカリスマと仰がれる一方で、大人達には批判的な見方をする人間も少なからずいたのです。
コンサートへの参加を禁止する学校もありましたが、若いファンの熱意は止められなかったのです。
1975年には、キャロルを解散した後にソロデビューをします。
ソロデビュー後も、ロカビリースタイル自体は変わらずに、人気も高いままです。
矢沢永吉の音楽活動は、歌番組の出演をできるだけ控えライブを中心に構成されています。
ライブパフォーマンスで特に有名なのが、マイクを使ってのものやタオルを投げるといったものが、随所で組み込まれて盛り上がらせるのです。
マイクスタンドを振り回す独特のアクションは、マイクターンとも呼ばれソロデビュー後のライブで始められます。
俺は生涯ロックを続けるんだといった発言を、繰り返していて数々の名言を残していますが、作詞の才能がないと言って作曲のみを行っているので有名です。

 

 

矢沢永吉さんグッズ買取は「グッズ買取ネット」がどこよりも高額買取しております!

「20代は20代の青さとか未完成な部分がある。そこを恥ずかしがったり隠したがったり、うまくごまかしたりしてきた人はあとで絶対しっぺ返しがくるよ」矢沢永吉名言集

実を言うと、私は「矢沢永吉」さんについて、母から聞き
とても男らしくて、生き方が筋が通っていてカッコイイ人だと知り、興味を持ったのです。
そして、私が「矢沢永吉」さんについて、いろいろ調べてその名言の中で、特に印象に残ったのは
「人間なんてどこかでちゃんと帳尻が合うようにできてるのね、20代は20代の青さとか未完成な部分がある。そこを恥ずかしがったり隠したがったり、うまくごまかしたりしてきた人はあとで絶対しっぺ返しがくるよ」という言葉です。
私は、社会に出てまだ浅いですが、いつも心のどこかで失敗したくないとか、能力がないと思われたくないと感じていたと思います。そして分からないことがあっても、先輩に聞けないことも度々あるのです。
こんなことも知らないなんて、恥ずかしいとか、相手にどう思われるかなどそんな心配ばかりしていた気がします。
だから「矢沢永吉」さんのこの言葉が、とても心に響き胸が熱くなります。
と同時に、とても励まされた気持ちです。
知らないことを知らないというのは、決して恥ずかしいことなどではなく、そこから学び成長していくことが大事なのだと教えてもらった気持ちです。
何も分からないくせに分かったような顔をして、ずるい大人になってしまうところを救って頂けたような、感謝したい想いでいっぱいです。
もし、この「矢沢永吉」さんの名言に出会わなければ私は、いつまで経っても自分の弱さを認められず、成長できずにいたと思います。弱さを認めることは怖いけれど、それは精神的に強くなって行くための通過点だと信じて乗り越えたいです。
これからは分からないことは分からないと素直に聞いて、良いことは吸収してまっすぐに生きていきたいです。そして、教えて頂いたら「ありがとう」と心を込めて伝えて行きます。そして少しずつでも素敵な社会人になれるよう努力します。
最後になりますが、心に響く言葉を私に教えて下さった「矢沢永吉」さん、本当にありがとうございます。

 

 

矢沢永吉さんグッズ買取は「グッズ買取ネット」がどこよりも高額買取しております!

「ライブはダウンロードできないし、お客さんも喜んでくれるだろう」矢沢永吉名言集

矢沢永吉は、様々な名言を残しています。
矢沢永吉は、貧しい幼少期を送りながらも歌手の夢を諦めず、ロックスターになりました。
そんな大スターがみんなを勇気づけた言葉は、ファンにとっても心に残るような言葉ばかりです。
そんな矢沢永吉を年齢問わず、かっこいいと賞賛する人が後をたたないくらいの人気があります。
最近の名言では、
YouTubeって便利だな、びっくりしたよ、すばらしい時代になった。お礼の曲が気になったらどんどん見てくれたらいい、ダウンロードも歓迎。でも俺も家族や社員にミシンを食わせなきゃいけないから、今後はライブで頑張るよ。ライブはダウンロードできないし、お客さんも喜んでくれるだろう。」
なかなかこんなかっこいい言葉を言う人はいないです。
動画はいつでも、どこでも見ることができますが、ライブはその日、その時間、その瞬間しか見ることができません。
そんな感動の言葉を見て、ファンではない人も素晴らしいと口コミがあります。
その他にも「20代で苦労したものだけが、30代で夢の世界を見ることができる。」と今、辛いと感じてる20代に希望を与える名言も言っています。
また、
「コンサートは、音楽を聴くだけのことじゃない。何か気持ちを持って歌っている男に、あいいんにいくものなんだ。」
本人も音楽を聴かせるという気持ちではなく、魂を伝えたいと感じることのできる言葉です。
ロック魂を感じるほんとうに気持ちが伝わる熱い言葉です!
また矢沢永吉が、苦労してきたから言える名言が、
「3年でサクセスできたけど、ハッピーになるには15年かかったよ!」です。
幸せを手に入れるには苦労も乗り越えて、時間がかかるものなんだとわかりました。
このようにたくさんの名言を残している矢沢永吉ですが、ツイッターで名言をつぶやいているものもあります。
今後もどんな名言が聞けるのか楽しみな人達が大勢います。
これからもロック魂全開の矢沢永吉に期待したいです。

矢沢永吉さんグッズ買取は「グッズ買取ネット」がどこよりも高額買取しております!

「アー・ユー・ハッピー?」矢沢永吉名言集

矢沢永吉の名言は、別名「矢沢語録」とも呼ばれます。
ひとりのロッカーの言葉が、なぜそこまで人の心を打つのか、その答えが詰まっているのが矢沢永吉の著書「成りあがり」「アー・ユー・ハッピー?」に詰まってます。
人生の分かれ道で悩み、挫折を味わい、どん底に突き落とされてもそれでも未来に一筋の光を見出し、その先へと這い上がっていこうともがき、あがいている男永吉の姿は、かっこいいというよりも壮絶です。
そんな日々の葛藤の中から生まれた名言たちも、魂の叫びそのものです。
「つっぱっている」そんなふうにしか世間からは見られなかった時代、その言葉は同じような境遇で同じような目で世間から見られている人たちにとってのバイブルでした。
でも、時は流れ、今改めて読み直してみると矢沢栄吉の名言の一つ一つは、男女問わず、年齢も問わず、今を生きている人ひとりひとりの胸に突き刺さってくるはずです。
それは、その時、その時に、真剣に生きるということに向かいあってきた一人の人間の言葉として胸に響いてくるからにほかなりません。
立ち止まることも、涙することも、つまずいて、落ち込んで、自分自身がいやになってしまうことも、すべて認めてくれたうえで、それもかっこいいじゃんと思わせてくれる言葉たちがそこにはあふれています。
生きていくということは生易しいことではないけど、みっともなくても、這いずり回ってでも、生きていくというそれ自体に意味があるんだと気付かせてくれる永吉語録。読み進むうちに、自分ももう少し頑張ってみようかなという気になってくるから不思議です。
ちょっと口の悪い先輩に人生相談してみたら、言葉はきついけど、本音をズバッと答えてくれた、そんな感じの人生のバイブルになるような矢沢語録です。矢沢栄吉自身が、売れない時代からずっと心に秘めていた生きた言葉だからこそ、強く胸の奥に響く人が多いのではないでしょうか。
わかり易い言葉で、ズバッとストレートに届くから、すーっと心に沁み込んでいく名言の数々に、触れてみたいと思いませんか。読み直すたびに、感動を味わえるそんな矢沢語録です。

 

 

矢沢永吉さんグッズ買取は「グッズ買取ネット」がどこよりも高額買取しております!

日本のロックアーティストとしては初めて日本武道館での単独公演

矢沢永吉という名前を聞いたことがない人は少ないでしょう。生ける伝説のロックンローラーと言われるミュージシャンです。音楽に興味がない人でも、名前は聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。
愛称である「永ちゃん」という呼び名も有名です。
なぜ矢沢永吉は、生ける伝説のミュージシャンと呼ばれているのでしょうか。日本一のロックンローラーとして数々の名曲を残しているのはもちろん、一人の男としての男の生き様に憧れる人が多いからです。一言で言うならまさにカリスマ。
矢沢永吉は、テレビ媒体への出演が極端に少ないアーティストでもあります。普通は曲がヒットすると、テレビの音楽番組への出演が増え、一般人への認知度が高まるものです。
矢沢永吉の場合は、テレビ番組への出演が少ないため、名前は聞いたことがあるという人でも、実際歌っている映像は見たことがない人が多いのです。
ソロデビューは1975年、それまで結成していロックバンド「キャロル」を解散し、新たにソロシンガーとしてレコード会社も変えてデビューしました。
その後、徐々にソロシンガー矢沢として認知されていき、ライブでの動員数も増えていきました。
1977年、歴史的な日がやってきます。数々の難題を克服し、日本のロックアーティストとしては初めて日本武道館での単独公演を実現します。
翌1978年にはCMソング「時間よ止まれ」が大ヒット。ミリオンセラーを記録し、一般の人にも「矢沢永吉」という名前が浸透していきます。
この年は東京ドームの前身でもある後楽園球場での単独公演、自著伝の「成りあがり」が100万部を超えるベストセラーなど、快進撃をつづけました。
1980年代は、矢沢の黄金期と呼ばれる時代。売上、動員数などで日本のロックスターとしての地位を盤石なものにしていきます。
矢沢永吉の歩みは日本のロック史上、前人未到の道の開拓であったといえるでしょう。先駆者ゆえに伝説と呼ばれる存在になっていったのです。

矢沢永吉さんグッズ買取は「グッズ買取ネット」がどこよりも高額買取しております!

「俺矢沢だけど迷子になっちゃった。国道まで案内してくれない?」矢沢永吉名言集

 E.YAZAWAこと大物ロック歌手の矢沢永吉さんは、1975にソロデビューを果たしてから、さまざまな矢沢伝説を持っています。そんな大物アーティストである矢沢永吉さんのプロフィールをご紹介します。本名も芸名と同じく「矢沢永吉」であり、生年月日は、1949年9月14日生まれのおとめ座、血液型はB型です。出身地は、広島県広島市となります。E.YAZAWAのほかに、永ちゃんや五大洋光という別名も存在しています。矢沢永吉さんは、作詞に関しては数曲なのですが、ほぼ全曲の作曲を自分自身で行っています。
 矢沢永吉さんは2度結婚しており、1度目の結婚で男の子2人と女の子1人を、2度目の結婚でも男の子2人と女の子1人を設けていますので、6人の子供がいます。2度目の結婚で生まれた女の子は、現在、矢沢洋子という本名で、歌手・モデル活動を行っています。
 数ある矢沢伝説の中のひとつをご紹介します。コンサートを行う際に、矢沢さんは真っ赤なポルシェに乗って、コンサートの機材を積み込んだツアートラックと一緒に移動していたのですが、矢沢さんが飛ばし過ぎてトラックを追い越し迷子になったことがありました。まだ携帯電話のなかった時代だったので、矢沢さんは見かけた地元の暴走族を止めて一言、「俺矢沢だけど迷子になっちゃった。国道まで案内してくれない?」と言ったそうです。地元の暴走族が矢沢さんを先導したのですが、そのうちに、矢沢さんの真っ赤なポルシェの後を、続々と集まってきた暴走族がついて走って、すごい光景だったそうです。
 ちなみに、1人目の奥さんと協議離婚されたのは、1989年だったのですが、その際支払った慰謝料について、矢沢永吉さんは「ポルシェ3台分」と答えたそうです。矢沢さんは、ポルシェのほかにも、アウディやベンツも所有していたのですが、28歳の時に購入したベンツを寝かせておいて、その昔のベンツに乗っている映像も存在しています。また、車以上にバイクが好きで、海外でもドイツのアウトバーンで250km位のスピードを出すそうです。

矢沢永吉さんグッズ買取は「グッズ買取ネット」がどこよりも高額買取しております!

「お前が一生かかって稼ぐ額は矢沢の2秒」矢沢永吉名言集

生きる伝説と言われているのがロックンローラーとなるミュージシャンの矢沢永吉さんで、60代である年齢でもパフォーマンスに従事し、同年代の矢沢ファンはもちろん、数多くの名言や伝説を残している彼の生きざまは若い世代からも支持されています。

彼がギター1本抱えて上京したのが高校卒業直後のことであり、ここで1つ目の伝説とされているのが途中下車した地でロックバンドとしてブレイクすることになるキャロルを結成しています。彼はリードヴォーカルだけではなく、難易度の高いベースギターまでも担当し、当時人気音楽番組のディレクターにキャロルを売り込む大胆な案を策略し、皮ジャンとリーゼントでキメてるイカしたバンドとしてレコードデビューを果たすイキサツが残されています。

さらにロックバンドの解散コンサートでは、会場に入れなかったファンが暴徒して爆竹が舞台セットに引火し、炎上するというロック史に残る伝説を残しながらソロとして歩んでいきます。

ソロアーティストとして初めて武道館ライブを行なったことも話題を集め、それ以降前人未到となる100回のライブ記録を現在も保持しています。

一番の伝説と言われているのが詐欺事件に巻き込まれた波瀾万丈な日々にあり、35億円となる巨額な借金を抱えたにも関わらず、ロック魂でライブを行うことでわずか6年で完済するなど、彼の生きざまは多くのファンの糧となっています。矢沢永吉さんは60代であり、年金が貰えるのか不安な若者に対してどんだけ良い大学入ってどんだけ良い会社に就職してもお前が一生かかって稼ぐ額は矢沢の2秒というロックな言葉も語り、若者の魂を奮い起たせるなどの話題性も注目されています。

さらに感動的な伝説も残されており、ライブ後にシャワーを浴びる習慣を持つ彼ですが、子供用となるビニールプールに水を張った簡易的なシャワー室しか提供できなかったスタッフに対し、君の仕事一生断わらないからと矢沢節の言葉で感謝したイキサツはスタッフの間で伝説となっています。

矢沢永吉さんグッズ買取は「グッズ買取ネット」がどこよりも高額買取しております!