読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「俺にしかできない事をやらせてくれたんでしょう?」矢沢永吉名言集

「永ちゃん」や「ボス」といった愛称で多くの人から愛されている矢沢永吉は、広島から上京し1972年にキャロルを結成しました。そして1975年にキャロル解散後はソロとなり今となっては日本を代表するロックミュージシャンとなり、60代の今なお第一線を走り続けています。そんな矢沢永吉には数々の伝説や名言が残っています。
まず1つ目が、レコード会社と口論のなった時の話です。レコード会社のスタッフから、「歌手は人気商売。ずっと人気が続くとは限らない。」と言われた際に彼がスタッフに行った言葉が伝説となっています。その言葉が「お前らがなんぼ良い学校行って、良い大学出て、なんぼ良い会社に就職して、家庭も何もかんも犠牲にして寝る間も惜しんでガムシャラに働いたところでお前らの一生掛かって稼ぐ金、矢沢の2秒!」と言い放ったと言われています。
また2003年にディズニーに登場した際の一言も伝説とされています。2003年6月5日にディズニー・シンフォニーにサプライズで出演した際、「星に願いを」を歌いました。この出来事は、一般キャストにも告知されておらず、完全なサプライズショーとして行われました。そしてこの際のギャラはなしで矢沢永吉はショーを行っています。後日この事に対して矢沢永吉は、「出演料は受け取れないよ。だって世界で誰もやった事がない、俺にしかできない事をやらせてくれたんでしょう?」と言ったと言われています。
その他にもポルシェで迷子になったというエピソードもあります。これは、コンサートツアーに行く際に真っ赤のポルシェで移動中にスピードを出しすぎて矢沢永吉は迷子になってしまいます。その際に地元の暴走族を止め「俺矢沢だけど迷子になっちゃった。国道まで案内してくれない?」と言ったそうです。その際に地元の暴走族たちが真っ赤のポルシェを引き連れ、そしてそれに色んな暴走族が合流してすごい光景になったと言われています。
矢沢永吉にはこの他にも多数の伝説が残っています。多数の伝説を残す矢沢永吉は、「生ける伝説」と言われています。

矢沢永吉さんグッズ買取は「グッズ買取ネット」がどこよりも高額買取しております!

矢沢永吉は日本のロックンローラー

矢沢永吉は日本のロックンローラーとして有名です。

現在でもたくさんのファンがいます。ミュージシャンとしてたくさんの名曲を残し活躍しているのは有名ですが、これ以外には人間としての生き方にも共感しているというファンが多くなっています。

実にカリスマ性を秘めた人物となっています。

数々の伝説を残していると言うことでも有名で、お笑い芸人のネタにもされているほどです。

缶コーヒーのコマーシャルに出演していた時期がありましたが、最初にこのコマーシャルのオファーが来たときにはイメージのことが関係し周りのスタッフも全員反対すると言うことが起こりました。

しかし唯一本人だけが出演に前向きであったようで、出演することになりました。その結果この間コーヒーの売り上げが爆発的に伸びたというような伝説が残されています。またこのほかには迷子になったというようなエピソードもあります。

コンサートツアーをたくさん行っていますが、この中で赤いポルシェで会場から走り出したのですが、慣れない九州という地で迷子になってしまい、会場に戻るために通りがかりの暴走族に道案内を依頼したという伝説が残されています。

そしてこの暴走族に案内をされながら無事にコンサート会場に戻ってきました。この話を聞いた他の暴走族もたくさん集まり、大行列になって九州を走り回ったというエピソードがあります。矢沢永吉は結婚や離婚を経験していますが、

離婚の原因は不倫とのことで記者会見を開くことになりました。そこで記者が気になるのは慰謝料に関してです。そこでの回答はポルシェ3台とのことで、記者はこの回答に続いて質問ができなくなってしまったそうです。

またミュージシャンと言うことでレコード会社に所属をしていますが、当時所属をしていたレコード会社の上層部と意見の違いが発生し、いつまでも人気が続くはずがないといわれた際、どんなに働いても一生かかって稼ぐお金は矢沢永吉として働く2秒と言い放ったという伝説があります。

矢沢永吉さんグッズ買取は「グッズ買取ネット」がどこよりも高額買取しております!

伝説の男 矢沢永吉

矢沢永吉は日本を代表するロックミュージシャンです。

とくに男性ファンが多くなっていますが、今までに数々の伝説を残しています。

その中で当時本人が所属していたレコード会社と方向性の違いなどで意見が対立することがありました。

そこで会社の上層部の人が歌手は人気商売なのでいつまでも人気が続くとは限らないと言われたことに対し、矢沢永吉が応えた回答は、上層部の人間がどんなに良い学校を出て良い会社で働いたとしても、一生かかって稼ぐことができるお金は矢沢の2秒と答えたそうです。

これには上層部の人も返す言葉がなかったようです。このほかにもたくさんの伝説があります。

それはイベントに参加する際、イベントを開催する側の手違いでツアーで宿泊する部屋を間違えると言うことがありました。

そこで開催者側がスウィートを取ったつもりがツインを予約してしまいましたと伝えると、部屋がないわけではないので気にしないでと答えたそうです。

しかし矢沢永吉としてはどうなのかなと言うようなジョークともとれない圧力に、開催者側もあわてて最上階のスウィートを予約したというエピソードがあります。

また不倫が原因で離婚をしている矢沢永吉ですが、このときに記者からたくさんの質問が飛ぶなか慰謝料に関しての質問が集中します。

その慰謝料に関する質問への答えはポルシェ3台ということで、記者はこの答えに返す言葉もなかったようです。

このほかにも有名な伝説はあります。缶コーヒーのコマーシャルに出演する際に、あまりにもイメージが違うと言うことで関係者は断ったのですが、本人がやる気ということで反対をすることができる結局契約をします。しかし最終的には缶コーヒーの売り上げを爆発的に伸ばすというすごい伝説を持っています。

コンサートツアー中にはポルシェで颯爽と会場を離れるのですが、道に迷ってしまい困っていたところ暴走族に声をかけ会場まで案内をしてもらったというようなすごいエピソードも持っています。

やはり伝説の男です。

矢沢永吉さんグッズ買取は「グッズ買取ネット」がどこよりも高額買取しております!

スーパースター矢沢永吉

ロックミュージシャンとして活躍し続けている矢沢永吉のファンは多いはずです。
65歳を過ぎても活躍している彼の姿を見ると自分も頑張れる気分にもさせてくれるのが矢沢永吉です。
そんな矢沢永吉には数々の伝説があります。
その伝説とはいったい何なのかをこれから順を追って説明したいと思います。

歌手で表舞台に立って輝き続けることは至難の業だと思います。
よほどの人気がない限りは芸能界から消えていく定めにあるのでしょう。
ずっと人気を保っている歌手は、ほんの一握りだと思います。
なので、以前スタッフから「ロックミュージシャンで人気を獲得するなんて無理に等しい、芸能界でずっと食べていけると思うな」という発言を受けた際に世間に向けてのメッセージとして「お前らが良い大学に出て頭が賢くて大手の企業に勤めて必死で稼いでも、その稼いだ金は所詮、矢沢の二秒にしか過ぎない」と言い放ちました。
今では、このような発言をすれば問題視されるかと思うのですが、当時は全然、問題にならなかったそうです。
しかし、ここまで言えるなんて凄いと思います。
もしかしたら、この発言で一層人気に火が付いたかもしれません。

次はツアーの時の話です。
ツアーというのは全国を巡らないといけないので中々自宅で休む暇がないのです。
なので、ホテル暮らしが続くのですが歌手なら当然ツインよりもスイートに止まります。

ですがイベンターが何かの手違いでツインを手配してしまったらしいのです。
普通はイベンターのミスを叱責するはずなのですが、矢沢永吉は怒りもせずに「いいよ、ミスは誰にだってある、泊まれる部屋があるなら何処でもokだよ ただし心の奥底に住んでいる矢沢はなんて言うかな」と冗談交じりで言い放ったそうです。

大物スターのオーラなのか普通にそのようなことを言える威圧感に負けてツインからスイートに変更したそうです。

後は度肝を抜くエピソードとしては暴走族に先導されてツアー会場に登場したり離婚会見で慰謝料の話が出たときに軽くポルシェ3台の額を払ったと言ったそうです。
他にも数々の伝説を残しています。

まさに他の人には到底真似できない生けるスーパースターだと思います。

矢沢永吉さんグッズ買取は「グッズ買取ネット」がどこよりも高額買取しております!

莫大な借金をわずか6年で完済 矢沢永吉

矢沢永吉は、1972年にキャロルというバンドでデビューするや、瞬く間に若者のカリスマ的存在になり、1975年のソロデビューから今日に至るまで人気は衰えず、今なお多くのファンを熱狂させるミュージシャンです。

そのため、多くの伝説も語り継がれています。まず、当時矢沢が所属していた事務所と、これからの方向性について話し合っていると、幹部スタッフと喧嘩になってしまいました。事務所の幹部スタッフは、矢沢に対して「所詮ミュージシャンなんて人気商売だから、いつまでも人気が続くと思うなよ」と罵倒しました。

すると、それに対し矢沢が「お前らがなんぼ良い高校行って、良い大学出て、良い会社に就職して、家庭も何もかも犠牲にして、ガムシャラに寝る間も惜しんで働いたところで、お前らが一生掛けて稼ぐ金、矢沢の2秒」と返したのです。

また、矢沢はオーストラリアのゴールドコーストに音楽スタジオも完備したビルを建設中でした。しかし、矢沢が信頼していた事務所のスタッフによる横領事件に巻き込まれてしまいました。それによって、矢沢自身が背負った借金が35億円という莫大な額です。この事件が報道された際、多くの人は、矢沢はこれで終わったと考えたのです。

しかし、矢沢はこの莫大な借金をわずか6年で完済したのです。

その後は、自身の会社でコンサート活動やグッズ販売を行い利益を上げるビジネスに改善を重ね、年間に莫大な資産を増やしています。

そして、矢沢は原版権などの権利を自分自身の手でしっかり管理しているのです。音楽の著作権やグッズ販売に関係するマーチャンダイズ権は、現在の音楽ビジネスにおいて成功を左右する大切な存在です。

矢沢は20年以上も前から、自分自身のブランドから生まれる多くの権利を、しっかり管理して安定した利益を得るという、ビジネスモデルを確立したのです。矢沢永吉の発言はビッグマウスだと言われることもありますが、言葉だけではなく行動が伴っているため、多くの人の支持を得ているのです。

矢沢永吉さんグッズ買取は「グッズ買取ネット」がどこよりも高額買取しております!

40年以上も活躍 矢沢永吉

矢沢永吉に関するニュースは様々あるのであるが今年の最大のニュースはデビュー40周年ということです。
40年というとその歳はということになるのですが、その40周年も実はソロになってからの40年。もちろんソロになる前にはグループでキャロルのボーカルとして活躍していので非常に長いキャリア、43年もの間現役ロッカーであり続けているにも関わらず、変わらないのが矢沢永吉矢沢永吉たるゆえんといえます。
5月にも自らセレクトしたベストアルバムを発表、これはそうしたアルバムの第2弾であり、ファンとしてはたまらないものとなっており、好評を博しています。ボリュームは最新の曲まで含めた41曲、3枚のCDの圧倒的なボリュームです。
9月には東京ドーム公演が予定されており、ファンにとってはこの1年はやはり特別なものと言えます。
最近のネット配信ライブなどにも登場している矢沢永吉。新しいメディアにも対応しており精力的な活動をしているのが印象的です。
東京ドームは6年ぶりで2009年に行ったのが最後。その当時60歳だったので、今年は66歳となるということなのです。
東京ドームはその程度の回数ですが、日本武道館でのライブは130回以上も開催している男のファンが多いというのが矢沢永吉の特徴でもある。
その背景にはやはりブレないカッコよさとうことがあるのだろう。
この辺りは高倉健の不器用さにも通じるものがあり、そうした部分も人気の理由のひとつではないかと考えられます。
ロック一筋でやってきてアルバムも出し続けており、ライブもコンスタントに回る66歳。あまり年齢を強調するのもいかがかとも思いますが、そのエネルギッシュさと一貫性に人々は心を打たれるのではないかと感じるのです。
アーティストデビューから43年、ソロデビューから40年、このまま歳を重ねてもらい、アーティストデビュー45周年まではあと5年であり70歳のロッカーとしてニュースを提供し続けてもらいたいとファンならずとも期待をしているのです。

矢沢永吉さんグッズ買取は「グッズ買取ネット」がどこよりも高額買取しております!

生き方が魅力 矢沢永吉

矢沢永吉と言えば誰もが知っているロックミュージシャンですが、関連しているニュースなどもイメージ通りのかなりインパクトの強いものばかりになっています。

例えば最近では花嫁の父親だったら怖すぎる芸能人第一位になっています。

イメージ先行ですが、やはり花嫁の父親ということになると困ってしまう人も多いようです。

その他にもガールズコレクションに登場して驚かせるなど、若者に対するインパクトも強烈なものになっていますし、まだまだ現役のロックミュージャンという感じです。

ここまで大物ということでも、常にチャレンジ精神を忘れないことも矢沢永吉の大きな魅力になっています。また東京ドームで6年ぶりにライブを開催するというニュースなども世間を騒がせています。

ニュース自体にも矢沢永吉のミュージャンとしての価値を高めるような要因がありますし、そこには彼を支えている熱狂的なファンの姿というものがあります。どんなにインパクトがあることを行ってもそれに付いてきてくれるファンの存在というものがとても重要になっていくということから、矢沢永吉はもっとも熱いファンを獲得している芸能人でもあります。

矢沢永吉のファンは生き方そのものが好きという人などもたくさんいますし、そこには矢沢永吉というミュージャンの全てが表現されているとも言えます。

ニュースからは、様々な活動を通して多くの世代と接している矢沢永吉の姿というものが明確に表れていますし、多くの人に支持され続けるということは、とても大変なことです。

特にベテランということになれば、長い間多くの人達の関心を集め続けていくという努力なども必要になりますし、何よりも曲が素晴らしくなければ、売れ続けるということはまずないですし、そうした意味でも長年トップを走り続けている矢沢永吉というミュージャンは今後の活躍も楽しみであり、また多くのファンも多彩な活躍をしてくれることを望んでいます。熱いファンに支えられています。

矢沢永吉さんグッズ買取は「グッズ買取ネット」がどこよりも高額買取しております!