読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「スタートラインに立っているか?」矢沢永吉名言集

矢沢永吉は日本の男性ロックミュージシャンです。現在は60代ですが、数々のヒット曲があり高い人気が続いています。しかし矢沢永吉に人気があるのは歌だけはありません。彼には数々の名言があり励まされたりする人も多い事から「矢沢永吉の名言集」としてインターネット上でも取り上げられています。
ある専門家は矢沢永吉から数多くの名言が生まれるのは、彼自身が苦労をしてきている事と周りに流されない強い心を持っているからだと分析しています。矢沢は広島県産まれですが、父親が原発の後遺症で苦しむ姿を見てきたり貧しい生活を送ってきたそうです。裕福な家庭を見ては「自分もいつかは」と励みにして幼少期を過ごしてきたとも話されています。そんな矢沢が音楽の世界に入り売れるようになりましたが、ここでも矢沢はおごらない事が大切だと気付きます。日本人においても裕福な生活をしている割合はほんの数%であり、大半の人は経済的に苦しい生活を送っています。また現在は景気が良い状態とは言えず、日本人は先進国の中でも将来に希望が持てない人の割合が一番高くなっています。そういった状況から今の社会において不満を抱えている人もいるでしょう。
そんな中で矢沢永吉の言葉は励まされたり元気になるといった声がよせられています。例えば「最近勝ち組とか負け組って言葉が流行っているけど、スタートラインに立っているかどうかが僕は大事だと思う」といった言葉があります。この言葉は負け組になりたくないと躍起になっている人々が冷静に自分を振りかえるきっかけにもなる言葉です。他にも「人間はちゃんと帳尻が合うようになっている。どこかでうまく隠してきた人は後でしっぺ返しがくるよ」など真面目に生きるようメッセージが込められています。時には励まし時にはカツをいれる矢沢の言葉は幅広い年代から支持されており、現在も精力的に活動しています。
矢沢永吉には数々の魅力がありますが、周りに流されないぶれない心と根が真面目である事も人気となっている理由の一つだと考えられます。

 

yazaway.jp