読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伝説の男 矢沢永吉

矢沢永吉は日本を代表するロックミュージシャンです。

とくに男性ファンが多くなっていますが、今までに数々の伝説を残しています。

その中で当時本人が所属していたレコード会社と方向性の違いなどで意見が対立することがありました。

そこで会社の上層部の人が歌手は人気商売なのでいつまでも人気が続くとは限らないと言われたことに対し、矢沢永吉が応えた回答は、上層部の人間がどんなに良い学校を出て良い会社で働いたとしても、一生かかって稼ぐことができるお金は矢沢の2秒と答えたそうです。

これには上層部の人も返す言葉がなかったようです。このほかにもたくさんの伝説があります。

それはイベントに参加する際、イベントを開催する側の手違いでツアーで宿泊する部屋を間違えると言うことがありました。

そこで開催者側がスウィートを取ったつもりがツインを予約してしまいましたと伝えると、部屋がないわけではないので気にしないでと答えたそうです。

しかし矢沢永吉としてはどうなのかなと言うようなジョークともとれない圧力に、開催者側もあわてて最上階のスウィートを予約したというエピソードがあります。

また不倫が原因で離婚をしている矢沢永吉ですが、このときに記者からたくさんの質問が飛ぶなか慰謝料に関しての質問が集中します。

その慰謝料に関する質問への答えはポルシェ3台ということで、記者はこの答えに返す言葉もなかったようです。

このほかにも有名な伝説はあります。缶コーヒーのコマーシャルに出演する際に、あまりにもイメージが違うと言うことで関係者は断ったのですが、本人がやる気ということで反対をすることができる結局契約をします。しかし最終的には缶コーヒーの売り上げを爆発的に伸ばすというすごい伝説を持っています。

コンサートツアー中にはポルシェで颯爽と会場を離れるのですが、道に迷ってしまい困っていたところ暴走族に声をかけ会場まで案内をしてもらったというようなすごいエピソードも持っています。

やはり伝説の男です。

矢沢永吉さんグッズ買取は「グッズ買取ネット」がどこよりも高額買取しております!